スタイ

型紙の倍率を100%→110%に変更|スタイの首回り比較

とってもかわいいドーナツ型の丸いスタイ♪

素敵な形でお気に入りなんですが、少しだけ息子には小さい様子。

とくに「首周り」が少しきつそう……。

 

息子は1歳半ですが、このスタイの首周りはちょっときついだろうと思って、型紙を少し大きくして作ってみました!(個人差があるとは思います)

型紙を印刷するときにちょっと倍率を変えるだけで、とっても簡単に大きめスタイの型紙ができちゃいます!

 

今回は「110%」「100%」の型紙でスタイをつくりました。「スタイの大きさ」や「首周りを比べてみた結果」を紹介します。

型紙の準備

通常の倍率のもの「100%」と、「110%」に拡大した型紙を準備します。

使用した型紙はこちら

今回使用した型紙はこちらのサイトから無料でダウンロードできます。
http://file.return.iga-log.com/59c2a2f6.pdf

▲パソコンで印刷するときに、倍率を変えられるので、「110%」に変更してから印刷します。(お使いのパソコンやプリンタの設定によって手順が違うと思います。)

印刷したあと、2枚貼り合わせて型紙をつくります。

「わ」のある型紙は、裁断するときに生地がずれやすいので、2枚印刷して貼り合わせています。

▲できあがった型紙を並べてみました。

左が110%で印刷した型紙、右は100%のものです。

倍率が異なるスタイを実際に作ってみました

▼作り方はこちらの記事を参考にしてくださいね!

まんまるスタイ(360度スタイ)作り方|型紙 無料あり

「男の子にも、女の子にも似合う、可愛くておしゃれなスタイはないかな?」 「普段着にもちょっとお出かけするときにも使えるス ...

続きを見る

▲110%と100%のスタイが完成しました!

▲重ねて見ると、全体的に大きくなってるのがよくわかりますよね。

110%で作ったスタイの方が2センチほど下にはみ出しています。

▲首周りは、1センチほど生地の幅があきました。

110%型紙のスタイ

100%型紙のスタイ

▲110%で作ったスタイの幅が9.5センチ。100%で作ったスタイの幅が8.3センチ。幅は、1.2センチほど大きくなっています。

ポイント

スナップボタンを留めた状態で首周りを測ってみると、

  • 「100%」の倍率 → 24センチ
  • 「110%」の倍率 → 28センチ

4センチ首周りが広くなりました!

完成したスタイを息子につけてみました!

ミッキーマーチママ
やっぱりこの形、かわいい~♡

110%型紙のスタイ

100%型紙のスタイ

▲全体的に大きめのサイズになりました!

大きくなっても動きにくくなったりせず、普段通りでした。

ミッキーマーチママ
よだれの多い息子にとっては、大きいのはありがたい!

110%型紙のスタイ

100%型紙のスタイ

▲首周りが4センチ広くなっただけあって、かなりゆとりが出ました。

型紙の倍率を変えてスタイを作ってみた結果

かなりゆとりが出ました!なんと10%変えただけで4センチ!

正直、ここまでゆとりが出ると思っていなかったので、「こんなにゆったりでなくてもいいかな?」とも思いました。

その場合は、倍率を「105%にするだけでもいいですよね!(計算上では、2センチゆとりが出ることになる)

 

この型紙はそんなに複雑な型紙ではないので、できあがった型紙に定規で線を引いて、もう少し大きめのスタイの型紙を「手書き」でつくることもできるかもしれません。

でも、お花のスタイとかギザギザのスタイなど、ちょっと形が複雑になると、困りますよね。

この方法だと、簡単に型紙を大きくしたり、小さくしたりもできちゃいます!

 

お子さんの成長に合わせて、または、プレゼントするお子さんの月齢に合わせてベストな首周りも変化するので、「このサイズがいい!」とは言い切れないところがあります…。

ミッキーマーチママ
私はいつも「大は小を兼ねる」精神なので、大きめで作ってしまうことが多いです!

型紙のサイズに困ったらぜひ、印刷するときの倍率を変えてみてくださいね!

 

\ この記事はどうでしたか? /

  • この記事を書いた人
ミッキーマーチママ

ミッキーマーチママ

子供たちのための小物や、アクセサリーなど、幅広く手作りするのが好きな2児のママ。自分の作ったものを、子供たちが身につけているのを見ると・・・幸せです♪

-スタイ

© 2020 わくわく♪ハンドメイド