子供用エプロン

子供用エプロンの作り方|ゴムひもを使って着脱簡単【リバーシブルタイプ】

最近よくお手伝いをしてくれるようになった息子(3歳)。

きゅうりを切ったり、人参の皮をむいたり、洗い物まで「やりたい!」と言ってくれます。

母としてはとっても嬉しい!! 料理好きな子になってほしいな!

 

でも、とってもありがたいんだけど、・・・服が汚れます。

毎回濡れて、着替える…。

 ついに、息子の方から「ママみたいなやつ、欲しい!」(エプロンのこと)と言ってきました!

「それなら作ってあげる!」と息子と約束。

3歳の子でも簡単に着られるエプロンを作りました。

今回は、ゴムひもを使って簡単に着られる「子供用エプロンの作り方」を紹介しますね。

準備するもの

今回はミシンを使いました。

手縫いでもできないことはありませんが、縫う量が少々多いです。

 

今回使用した子供用エプロンの型紙

子供用エプロン型紙DLページ

Sサイズ 80~90cm
Mサイズ 100~110cm
Lサイズ 120~130cm

※使用しているブラウザが「Google Chrome」の場合は「開く」をクリックすると型紙のPDFファイルをPCに保存することができます。
※「Internet Explorer」の場合はブラウザ上に型紙が表示されるので、右クリックして「印刷」をクリックすれば直接印刷できます。もしくは「名前をつけて保存」をクリックすれば型紙のPDFファイルをPCに保存することもできます。

参考http://haro.nomaki.jp/

今回はわかりやすいように「80〜90センチ」サイズを自分で大きくしました。

(内側の黒い線が80〜90センチの線です。横幅を右1センチ、左2センチ。縦幅は上1センチ、下7センチ伸ばしました。縫い代1センチは含みます。)

ミッキーマーチママ
息子のジャストサイズの服のサイズは100センチです。

布地

リバーシブル仕様です。
表地、裏地共に50×50センチ。
ポケット布(同じ布でもOK)

ゴム紐

▲今回は100ショップ(セリア)で購入。2.5センチ幅です。

首部分34センチ、腰部分21センチ準備しました。

マジックテープ

▲2.5ミリ幅×4センチ

(3.5×6センチほどの布で、マジックテープとゴム紐を縫い止めます。裁断の時に余った部分で準備します。)

 

エプロンの作り方手順

生地を裁断する

▲表地、裏地共に型紙をあて、マチ針で固定してから切ります。

二枚重ねて切ってもいいですが、折り曲げて切ると4枚重なっているのと同じになって力がいるし、ガタガタになったりするので、あまりおすすめしません。

 

▲ポケットも切っておきます。

四角いポケットには息子の好きなトーマスを使います♪

 

ポケットをつける

 ▲まずはポケットの上部分になるところを1センチずつ2回折り曲げ、アイロンで押さえます。

 

▲次に、先ほど押さえた上の部分だけミシンで縫います(折り曲げたところ、下から3ミリくらいのところを縫う)。

 

▲縫っていない部分を1センチずつ折り曲げ、アイロンで押さえます。

 

▲本体の布にマチ針で止め、赤い線のように縫います。

 

▲縫い終わりました。

たまたま柄が合っています(見にくくてごめんなさい)。

 

四角いポケットも、

  1. 上の部分を1センチずつ、2回折り曲げてアイロンで押さえる
  2. 縫う
  3. 横と下の部分を1センチで折り曲げ、アイロンで押さえる
  4. 本体にマチ針で止めてから、赤い線のところを縫う

 

▲ポケット完成です。

 

ゴム紐を仮止めする

ゴム紐は0.5センチほど外側に出るようにして縫っておきます。

縫い代は1センチなので、それよりも内側で縫い止めてください。

▲後で中表にして縫ってひっくり返すので、ゴムひもは内側に入れて縫います。

ゴムひもに柄がついている場合は、柄の向きも確認!

 

本体を中表にして縫う

▲中表になっています。

マチ針で止めます。

 

▲返し口は腰のゴムの下あたりを10センチくらい残します。

ミッキーマーチママ
チャコペンシルなどで印をつけておくと忘れません!
参考記事
使いやすいチャコペンシル5種類からオススメを紹介!

布を切るときに線を書いたり、縫うところにしるしをつけたり、便利なチャコペンシル。 ひとつは持っておきたいアイテムです。 ...

続きを見る

 

▲縫い代1センチを確認して。

(心配な人は1センチの線をチャコペンシルで書いてもOK!私はだいたい1センチを意識して縫いました)

 

▲縫いました!

縫い目が見やすいように裏側です。

 

角を切り落としてから返し口から表に返しアイロンをかける

▲表に返すと、角に縫い代がたまるので、切り落とします。

 

▲返し口からひっくり返します。

 

▲角はしっかり出します。

私は定規を使って角をしっかり出しました。

 

周りを一周ぐるっと縫う

▲見にくいですが、端から3ミリくらいのところを一周縫ってあります。

 

マジックテープを本体と腰のゴムにつける

本体側 表

本体側 裏

▲裏から見たら縫い目がこんな感じです。

今回はモノトーンの布地だったので黒でも大丈夫でしたが、布地の色に合わせて糸の色を変えると目立たないです。

 

ゴム紐側

▲長方形の布(3.5×6センチ)の、上下と左右を折り曲げ、アイロンで押さえます。

 

▲マジックテープ、ゴム紐、アイロンで押さえた布、の順に置き、端をぐるっと一周縫います。

 

▲縫い終わりました!

 

完成!

▲リバーシブル仕様の着脱簡単エプロン出来上がり!

 

息子に着せてみました!

▲とっても気に入って着てくれました!

着脱方法は、首のゴム紐を頭からかぶって、腰のゴム紐をマジックテープで止めるだけ! あっという間にできるようになりました。

サイズもバッチリ!

ポケットにおもちゃを入れまくってました(笑)。

 

お気に入りのエプロンで楽しくお手伝い♪

こども用のエプロンって、なかなかジャストサイズのものに出会えません。

それに、一人で着たり脱いだりするのも難しいです。

せっかくお手伝いをしてくれるのに、毎回服を着替えるのも大変。私もひと手間増えて大変。

ゆっくりお手伝いを見守ってあげるためにも、「エプロン作ろう!」と思いました。

 

何より、私と同じようなエプロンが着れて、大満足の様子!

お手伝いがもっと楽しいものになって、一緒にキッチンに立つ時間がこれからも続いていきますように♪

  • この記事を書いた人

ミッキーマーチママ

子供たちのための小物や、アクセサリーなど、幅広く手作りするのが好きな2児のママ。自分の作ったものを、子供たちが身につけているのを見ると・・・幸せです♪

-子供用エプロン
-