スタイ

【スタイお手入れ方法】オキシ漬けで黄ばみや匂いがここまでキレイに!

オキシ漬け

今回は、息子が使っているスタイをオキシクリーンで浸け置き洗いすることにしました。

理由はこの2つ。

  1. 毎日お洗濯しているのに黄ばみがきれいに取れない…
  2. 洗ったはずなのに変な匂いがする…

 

 スタイには母乳やミルク、食べこぼしなど、「普通のお洗濯で取りきれない汚れ」がついています。

その汚れがたまっていくと、黄ばみや匂いにつながってしまうんです。

 スタイの汚れは、オキシクリーンで漬け置き洗いするだけでとってもきれいになりますよ!

 

 今回はスタイのお手入れ方法(オキシ漬け置き)と、漬け置きした結果どれだけキレイになったのかを紹介しますね。

 ※オキシクリーンに漬けるので、ここからは略して「オキシ漬け」です

 

オキシ漬けの方法

※今回使ったのはこちら↓

¥1,380 (2021/08/17 23:17時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

※漬け置き洗い液の汚い写真が出てきます

洗面器に「50度ほどのお湯」と「オキシクリーン」を入れて、オキシクリーンをしっかり溶かします(熱いので気をつけてくださいね)。

オキシ漬けの温度について

オキシクリーンの表示には、『洗濯表示に表記されている最高温度で使うと効果的です』と書いてありますので、洗濯表示がある場合はその最高温度がいいです。

 

スタイを入れて割り箸などでしっかり漬け、3時間から6時間放置します(私は今回3時間つけ置きしました)。

 

漬け置きが終わったら、そのままお洗濯(いつもの洗濯物と一緒に洗いました)。


▲漬け置き液のその後…。ショックです(分かりやすいように洗面器変えました)。

こんなに汚れてたの〜!!!

漬けているときは、麺のゆで汁のような匂いが…。相当な汚れが溜まっていたのだと反省しました。

 

天日干しをする

これで完了です!

漬けておいて置くだけなので、お洗濯前日の夜にオキシ漬けして、朝他の洗濯ものと一緒に洗うだけ!簡単です。

 

漬け置き洗いしてみた結果

オキシ漬け前のスタイたち

▲上の子が産まれる前に作った3年物のスタイ達と、いただき物のスタイ達。今も現役。 

全体的に襟周りに汚れ、黄ばみがありました。
使っていると、なんだか変な匂いが…。カビ臭いような、生臭いような…。

ここまで放っておいた私、恥ずかしい!!息子よ、ごめんね。

 

ひどい黄ばみズームアップ!〈前→後〉

特に汚れが目立つスタイをアップにすると‥

オキシ漬け前

オキシ漬け前

オキシ漬け後

オキシ漬け後

襟周りが黄ばんでいたのがだいぶ綺麗になっています!

ミッキーマーチママ
3年物の汚れだったから、そりゃ落ちにくいよね…。
オキシ漬け前

オキシ漬け前

オキシ漬け後

オキシ漬け後

こちらも、完璧にとはいかなかったものの、だいぶ黄ばみが薄くなりました!

ミッキーマーチママ
お洗濯した後のおひさまの匂いになってました(やったー!)

 

オキシ漬け後のスタイたち

▲全体的にスッキリしました!

長年の着色汚れなのが、落ち切らなかった部分もありますが…。

あの漬け液を見ればわかるように、今まで落ち切っていなかった奥の汚れが落ちているんだと思います。

 

汚れが気になったらオキシ漬けを!

オキシ浸けをしたことによって、気になっていた匂いがなくなったことが、今回私が一番嬉しかったことです。

変な匂いのするスタイをつけさせたくなかったし、最近スタイをよく口にくわえている姿を目にしていたので、「清潔なものを使いたい」という思いが強くありました。

衝撃だったのは、浸けたあとの液の汚さ…。

毎日お洗濯していても、あれだけの蓄積汚れがあることに驚きました。

 

汚れは、放置しすぎないでください(私は大きな声では言えませんが…)。

決してお洗濯をサボっているわけではないんです!だけど、普段のお洗濯では取りきれない汚れってあるんです。

 忙しいママですから、毎日毎日漬け置きしなくちゃ…と神経質になると疲れてしまいます。お洗濯は毎日ですもんね。気になった時、汚れがひどい時、スタイ達を「まとめてオキシ漬け!」でいいと思います。

月に一度でもスタイのお手入れをしてあげるだけで、気持ちよく使うことができます。 

特に自分で作ったスタイはなかなか捨てられないので、ひと手間のお手入れで長く使いましょう♪

合わせて読みたい
オキシクリーン
【スタイのお手入れ】浸け置き洗いは酸素系漂白剤が最強!?

私は酸素系漂白剤の代表的な「オキシクリーン」でスタイのつけ置き洗いをしました。 その結果、汚れや匂いがかなりすっきりし、 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

ミッキーマーチママ

子供たちのための小物や、アクセサリーなど、幅広く手作りするのが好きな2児のママ。自分の作ったものを、子供たちが身につけているのを見ると・・・幸せです♪

-スタイ
-