スタイ

とっても便利!授乳スタイの使い方と注意点

授乳スタイって授乳の時だけでなく、さまざまな場面でとっても役に立つって知ってました?

・・・私は知りませんでした…。

もっと早くに知っていたら、絶対に作って使っていたのに!

今回は、授乳スタイがどれほど便利なのかという理由(どんな場面で役に立つのか)や、使い方と注意点を一緒に紹介します。

授乳スタイは「授乳以外」でも大活躍してくれる!

授乳スタイという名前だから、授乳の時に使うものだと思いますよね。

だけど実際は、「授乳以外」でも大活躍してくれるアイテムなんです。

授乳の時

もちろん授乳の時に使います!

ミルクがこぼれたり、うまく飲めなくて出してしまったり、理由は様々ですが、その都度授乳スタイがあれば活躍します。

ゲップの時

縦に抱っこして、トントンしながらゲップを出させるお母さんが多いと思います。

その時にゲップと一緒に少しミルクが出てしまう時があります。

そんな時、お母さんの肩にスタイを置いておけば、服が汚れずにすみます。

 

▲息子が3ヶ月の時の写真です。

私は「授乳スタイ」の存在を知らなかったので、いつもガーゼタオルやガーゼ、ハンドタオルを使っていました。

この写真でも肩に乗っています(笑)

授乳のあとにゲップができなかった時

▲息子が新生児の頃の写真です。

ゲップを出させようと背中をトントンしていたのに、なかなか出ない。

「無理にゲップ出させなくてもいいよ」

「上手にできない子もいるからね」

と助産師さんに言われていました。

そうすると、時間が経ってからゲップが出て、吐き戻すこともあります。

実はこれ、ガーゼをはさんでいたのに、反対側に吐き戻して服が汚れてる! ゲップしない時は、しばらくしてから吐き戻すことがしょっちゅうでした。

写真撮ってないで、着替えさせないといけないのにね…。のんきな母です。

車に乗る時

赤ちゃんをチャイルドシートに乗せて、検診などに出かけないといけない時や、病院から家に帰るときなども、飲んで時間が経っていないと、吐き戻してしまうことがあります。

▲生後7日、退院したのに皮膚トラブルがあり、通院した時の写真です。

バッチリガーゼが首元にはさまっています。

お出かけの時

▲息子のお食い初めの時です。

息子はベビードレスを着ていたのですが、やっぱり吐き戻しで襟元が黄色くなってしまいました。

写真では分かりませんが、お出かけ着なのに、汚れてしまうと残念ですよね。

そしていつものように、私の肩にはタオルが乗っています。

その他の場面でも、タオルやガーゼが手放せないでいました。

▲抱っこで寝てしまった時にも、首元にタオル。

▲ただ横になっているだけなんだけど、顔の横にガーゼ。

▲抱っこして写真を撮っているだけなのに、ガーゼ。

私はこの記事のために写真を撮ったわけではありませんが、昔の写真を見返すと、タオルやガーゼがしっかりと写っていました。

それだけ「吐き戻しで困っていた」・・・ということです。

授乳スタイがあれば、「もっと可愛い写真が残っていたのに…」なんて思います。

もしこの時に授乳スタイを知っていたら、きっと大活躍しています!!!

授乳スタイの使い方

 基本の使い方はとっても簡単!

▲息子は1歳を過ぎているので、シェリーメイ(身長40センチ)に着けてみました。

ひょうたん型は上の少し小さくなっている方を持ちます。

▲襟元に折り曲げて、入れ込みます。

▲もこもこしないように整えたらできあがり!

▲指を入れるための袋が付いている場合は、指を入れて。

▲同じく挟み込んで。

▲形を整えたらできあがり!

 たったこれだけ!

赤ちゃんにつけて授乳したり、吐き戻しに備えたりできます。

もちろんお母さんが、ミルクを拭くこともできるし、何に使っても大丈夫。

そう、万能なんです!

授乳スタイを使う上での注意点

 一番気をつけてほしいことは、授乳スタイによって「呼吸がしづらくなる状態」です。

濡れているスタイが鼻や口元にあれば、窒息の恐れもあります。

月齢の低い赤ちゃんにはまだ、自分の顔にかかったものを取る力がありません。 

 

使うときは必ず、

  • 濡れていないものを使う
  • 赤ちゃんが起きている時に使う
  • 目が届く場合に使う

このようにしましょう!

 

・・・とは言っても、私も息子が寝ている時に首元にガーゼをはさんでいることもありました。

それは、寝ていても吐き戻すことがあったからです。

その場合はスタイが動かないように「肌着と肌着の間」に入れたりして、顔にかからないように使用してくださいね。

 大切な赤ちゃんを守るためには、十分安全には気をつけてください! 

また、清潔なものを使いたいですよね。たくさん作ってストックしておくと便利です。

 

余裕がある時は、洗濯の他にも「つけ置き洗い」などもおすすめです!

★つけ置き洗いの方法はこちら↓
オキシ漬け
【スタイお手入れ方法】オキシ漬けで黄ばみや匂いがここまでキレイに!

今回は、息子が使っているスタイをオキシクリーンで浸け置き洗いすることにしました。 理由はこの2つ。 毎日お洗濯しているの ...

続きを見る

★つけ置き洗いがおすすめな理由はこちら
オキシクリーン
【スタイのお手入れ】浸け置き洗いは酸素系漂白剤が最強!?

私は酸素系漂白剤の代表的な「オキシクリーン」でスタイのつけ置き洗いをしました。 その結果、汚れや匂いがかなりすっきりし、 ...

続きを見る

まとめ~授乳スタイは万能!

授乳スタイは、赤ちゃんの首元に挟んで授乳の時にで使うだけでなく、色々な場面で活躍します。

とっても便利なのに、授乳スタイの存在を知らなかった私。ハンドタオルやガーゼを使っていて、残っている写真の多くに写っていました。

もしあのとき授乳スタイを使っていたら、残っている写真も可愛かっただろうし、吐き戻しで服が汚れて何度も着替えさせることもなかったのに…。

「可愛い」も「お母さんの手間を省くこと」もどちらも叶えてくれる、とっても便利なスタイです。

息子たちを産む前の私に教えてあげたいな!

 

★授乳スタイの作り方はこちら

授乳スタイの作り方|ダブルガーゼ2枚の間にタオルを挟む【ふわふわ卵型】

授乳スタイを知らなかった私……。 ガーゼを折りたたんで授乳の時に使っていました。 それでも悪くはないんですが、こんなにか ...

続きを見る

授乳スタイの作り方|ダブルガーゼ3枚使用【ひょうたん型】

前回は「タオル」を挟んだ授乳スタイの作り方を紹介しました。   作ってみて思ったことは、 「吸水性は抜群!厚み ...

続きを見る

\ この記事はどうでしたか? /

  • この記事を書いた人
ミッキーマーチママ

ミッキーマーチママ

子供たちのための小物や、アクセサリーなど、幅広く手作りするのが好きな2児のママ。自分の作ったものを、子供たちが身につけているのを見ると・・・幸せです♪

-スタイ
-

© 2021 わくわく♪ハンドメイド