マスク

子供用立体マスクの作り方【型紙無料】洗濯後の比較あり

ドラえもん マスク

子ども用マスク、なかなか手に入らないので作ってみました。

子どもってマスクを嫌がりますよね。

私には3歳の息子がいるんですが、立体型マスクの付け心地がいいようで、よろこんで使ってくれています。

 

今回は、プリンターがなくてもいいように「手書き」でも型紙が作れるようにしました(※印刷用の型紙もあります)。

それでは、子ども用の立体マスクの作り方手順と、生地別に「洗濯後の比較」もしているので、参考になればうれしいです♪

今回は手順が長くなったので3ページに分けています。次の手順を表示させるのは、記事下にある「次のページへ」をクリックしてくださいね!

 

準備するもの

マスクの生地

「表地」→オックス生地
「裏地」→ダブルガーゼ
※表地は、「オックス」という少し厚手の生地を使いました。

オックス生地のキャラクター柄を見る
マスク用のダブルガーゼ生地を見る

 

※水通しも忘れずに!


 

マスクのゴム

今回は「ウーリースピンテープ」を使いました。

ウーリースピンテープとは

ふわりとした素材で、耳が痛くなりにくいです。 5~6ミリくらいの幅で、もともとはTシャツなどの伸び止めとして使われていたそうですが、マスクのゴムにも最適です。

 

立体マスクの型紙

立体マスク型紙子ども用

▲こちらの寸法の型紙を使いました。

 

子供用マスク寸法(手書き)

手書き型紙 子ども用

▲番号順に寸法通り点を書いていき、最後に線を引いて繋げれば完成です。

5mmの方眼ノートがあれば簡単に手書きできますよ!

 

※詳しくはこちらの記事を参照してください!

立体マスクの型紙を「手書き」で作る方法【簡単】

「マスクを手作りしたい!でも、うちにはプリンターがないから、型紙が手に入らないわ…」 そんな時でも大丈夫! 簡単に型紙を ...

続きを見る

 

私はいらなくなった「クリアファイル」に型紙をなぞり、切り取って使っています。

ミッキーマーチママ
キャラクターの生地を使って作るときに、キャラクターの場所がわかっていいですよ!

 

型紙を印刷して使いたい場合はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

型紙をダウンロードする

※立体マスク【子供サイズ】の型紙です。

 

使った道具

  • ミシン
  • アイロン
  • ゴム通し
  • はさみ
  • チャコペンシル(鉛筆などでもOK)

 

作り方手順

1.生地を裁断する

▲裏地のダブルガーゼは無地なので、キャラクターの場所など気にしなくてOK。

中表にして型紙を置き、チャコペンシルや鉛筆でふちをなぞります。

中表とは?

生地の表と表を合わせることです!

 

生地を裁断する

▲型紙を写し取ったら、ハサミでちょきちょき。

 

▲切れました!

 

▲このまま中表にしておきます。

 

▲次に表になるオックス生地に型紙をあて、型をとります。

この時、どの絵柄を出したいか場所をよく見て型紙を置きます。

 

▲チャコペンシルなどでなぞったら、

 

▲まず、1枚切りました。

 

▲次に、型紙を裏返します。

ミッキーマーチママ
あとで中表にして縫うので、ここ間違えないようにします!

 

▲裏返した型紙を生地にあてて、使いたい絵柄の場所で型をとり、切ります。

 

▲左右対称の生地が1枚ずつできました!

 

▲生地は中表に合わせておきます。

 

2.口に当たる部分(マスク中央になる部分)を縫う

▲中表にした表地と裏地の、カーブしている部分を、縫い代1センチで縫っていきます。

 

▲縫い終わりました。

 

3.縫いしろに切り込みを入れ、アイロンで開く

▲縫い代を切ってしまわないように、1センチくらいの間隔で切り込みを入れていきます。

 

▲こんな感じです。

 

▲縫い代を、アイロンで開いておきます。

ミッキーマーチママ
特にダブルガーゼは、ガーゼ時が2枚重なっていることからやりにくかったので、やけどしないように慎重に行ってくださいね。

次のページへ >

\ この記事はどうでしたか? /

  • この記事を書いた人
ミッキーマーチママ

ミッキーマーチママ

子供たちのための小物や、アクセサリーなど、幅広く手作りするのが好きな2児のママ。自分の作ったものを、子供たちが身につけているのを見ると・・・幸せです♪

-マスク
-

© 2021 わくわく♪ハンドメイド