マスク

子供用立体マスクの作り方【型紙無料】洗濯後の比較あり

ドラえもん マスク

子ども用マスク、なかなか手に入らないので作ってみました。

子どもってマスクを嫌がりますよね。

私には3歳の息子がいるんですが、立体型マスクの付け心地がいいようで、よろこんで使ってくれています。

今回は、プリンターがなくてもいいように「手書き」でも型紙が作れるようにしました(※印刷用の型紙もあります)。

それでは、子ども用の立体マスクの作り方手順と、生地別に「洗濯後の比較」もしているので、参考になればうれしいです♪

準備するもの

マスクの生地

マスクの生地

  • 「表地」→オックス生地
  • 「裏地」→ダブルガーゼ

※表地は、「オックス」という少し厚手の生地を使いました。

水通しも忘れずに!

参考記事

マスクのゴム

今回は「ウーリースピンテープ」を使いました。

ウーリースピンテープとは

ふわりとした素材で、耳が痛くなりにくいです。 5~6ミリくらいの幅で、もともとはTシャツなどの伸び止めとして使われていたそうですが、マスクのゴムにも最適です。

立体マスクの型紙

立体マスク型紙子ども用

▲こちらの寸法の型紙を使いました。

▲番号順に寸法通り点を書いていき、最後に線を引いて繋げれば完成です。

5mmの方眼ノートがあれば簡単に手書きできますよ!

※こちらの記事を参照してください!

私はいらなくなった「クリアファイル」に型紙をなぞり、切り取って使っています。

ミッキーマーチママ

キャラクターの生地を使って作るときに、キャラクターの場所がわかっていいですよ!

型紙をA4で印刷して使いたい場合はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

型紙をダウンロードする

チェック

印刷する際はページサイズを「実際のサイズ」に設定し印刷してください。

※それ以外のサイズで印刷した場合、実際のサイズと異なる大きさで印刷されるので注意!

使った道具

  • ミシン
  • アイロン
  • ゴム通し
  • はさみ
  • チャコペンシル(鉛筆などでもOK)

作り方手順

1.生地を裁断する

▲裏地のダブルガーゼは無地なので、キャラクターの場所など気にしなくてOK。

中表にして型紙を置き、チャコペンシルや鉛筆でふちをなぞります。

中表とは?

生地の表と表を合わせることです!

生地を裁断する

▲型紙を写し取ったら、ハサミでちょきちょき。

▲切れました!

▲このまま中表にしておきます。

▲次に表になるオックス生地に型紙をあて、型をとります。

この時、どの絵柄を出したいか場所をよく見て型紙を置きます。

▲チャコペンシルなどでなぞったら、

▲まず、1枚切りました。

▲次に、型紙を裏返します。

ミッキーマーチママ

あとで中表にして縫うので、ここ間違えないようにします!

▲裏返した型紙を生地にあてて、使いたい絵柄の場所で型をとり、切ります。

▲左右対称の生地が1枚ずつできました!

▲生地は中表に合わせておきます。

2.口に当たる部分(マスク中央になる部分)を縫う

▲中表にした表地と裏地の、カーブしている部分を、縫い代1センチで縫っていきます。

▲縫い終わりました。

3.縫いしろに切り込みを入れ、アイロンで開く

▲縫い代を切ってしまわないように、1センチくらいの間隔で切り込みを入れていきます。

▲こんな感じです。

▲縫い代を、アイロンで開いておきます。

ミッキーマーチママ

特にダブルガーゼは、ガーゼ時が2枚重なっていることからやりにくかったので、やけどしないように慎重に行ってくださいね。

4.中表にして上下部分を縫い合わせる

▲生地を中表に合わせます。

▲この時、生地の中央部分(先ほど縫い代を開いた部分)を合わせます。

▲マチ針で固定します。

ミッキーマーチママ

中央 → 左右 の順番でマチ針をとめてくださいね!中央部分がずれないように!

▲上下1センチを縫い合わせました。

▲ガーゼ時は伸縮性があるので、表地よりも若干はみ出ます。

5.サイドから表に返し、アイロンで整える

▲両サイドはあいているので、表に返していきます。

▲表に返しました。

▲アイロンで整える時、裏地のガーゼが内側になるようにするときれいです。

6.ゴム通し部分を縫う

▲この部分、ガーゼなどはみ出てますが大丈夫。

▲まず、0.5~0.7ミリほど折り返します(オックスの生地を折り返す長さの目安にしてください)。

▲もう一度、0.7~1センチ折り返してアイロンで押さえます。

▲折り返した部分の内側部分(1~2ミリくらいのところ)を縫っていきます。

▲ゴム通し口を縫うときは、ほつれてこないよう少しはみ出すように縫います。

▲縫い終わりました!

7.マスクゴムを通す

▲ゴム通しにウーリースピンテープを通します。

今回は子供用なので、マスクゴムは25センチにカットして使いました。

▲マスクに通して、

▲両サイドともに通したら、

▲お子さんの耳に実際にかけてみて、ひもを結びます。結び目は、ゴム通し部分に隠れるようにします。

ミッキーマーチママ

プレゼントにする場合は、長さを調節できるようにマスクゴムを結ばないほうがいいですよ!

8.子供用マスク完成!

▲2歳と3歳の息子に着用してもらいました!

洗濯後のシワシワ比べ!

ガーゼマスクは、しっかり伸ばして干してもシワになりやすいです。

今回は、毎回アイロンをしなくてすむように、表地を「オックス生地」にしてみました。

▲柄は違いますが、表地は同じ「オックス」の生地のマスクです。

洗濯して干すとき、しっかり伸ばして干しました。

マスクの裏地のしわ

▲このマスクの裏地はダブルガーゼですが、やはりしわになっています。

シーチング生地のマスク(ドラえもん)

▲こちらは、オックスより少し薄手の「シーチング」という種類の生地を使って作りました。

少し表面がしわになっています。

マスクの裏面のしわ

▲やはり裏面のダブルガーゼはシワシワになっていますね。

洗濯をすると、どのマスクも少しはシワができます。

ですが、オックス生地はそんなにしわが目立たない!

何よりオックス生地や、シーチング生地には、ダブルガーゼよりもキャラクターの生地が多くあります。

子供たちのお気に入りのキャラクター生地を使えば、すごく喜んでくれますよ!

子どもが喜んで着けてくれるマスクを作ろう♪

なかなかつけてくれないマスクです。

お気に入りものであれば、私の息子はつけてくれます。

それでも2歳になったばかりの息子は、マスクをまったくしてくれません。 やっぱり呼吸がしづらいんですね。

3歳の息子には、マスクをすることの大切さを伝え、マスクをしてくれています。

今回のドラえもんのマスクは、とても喜んでいました(笑)

ミッキーマーチママ

キャラクター生地は、本当に喜びますよ~♪

マスクゴムが嫌だというお子さんも多いです。

耳が痛くなってしまうんですね。

今回使ったウーリースピンテープも、ふわふわしているんですが、友人に聞くと、嫌がる子もいるようでした。

やはり、よく伸びる通常の丸いマスクゴムが好まれるようでした。

お気に入りの生地を使って、子供が喜んでつけてくれるマスクを作ってくださいね♪

マスク用のダブルガーゼ生地を見る

その他マスクのつくり方

西村大臣風マスク

2021/4/11

西村大臣風~立体マスクの作り方【型紙不要】

最近はいろいろな形のマスクが出てきていますよね。 マスクもデザイン性が幅広くなってきました。 その中でも特に気になっていた、「西村大臣風マスク」をつくってみました~♪ テレビで会見をしている大臣のマスクはとても素敵な形。 今回は、「西村大臣風マスク」をつくられた方の動画を参考にしながら作ってみましたので、作った感想とポイントを合わせて紹介します!   今回、参考にした動画はこちら↓   準備するもの 使いたい生地(縦17センチ×横22センチ) 今回はシーチングの生地2枚を使いました。 ...

ReadMore

手作りマスク

2021/4/11

手作り立体マスクの作り方【型紙無料】大人用

新型コロナウイルスの影響で、マスクがどこにも売っていない状況が続きます。 そんな中、先日、新聞記事にマスクの型紙が載っているのを発見しました。 マスクの型紙はいろいろなところで手に入るのですが、インターネットの環境がない、プリンタがない方でも実寸大ですので、気軽に使うことできます。 また、ガーゼやマスクのゴムも売っていない状況。 この新聞記事には、着古した衣類や手ぬぐい、ヘアゴムなども利用できると書いてありました。 今回はガーゼと、たまたま家にあった細めのゴム(息子たちのズボンをつくるために購入してあった ...

ReadMore

2021/5/7

手作りプリーツマスクの作り方【型紙不要】大人用

新型コロナウイルスの影響でマスクが売っていないですよね。 売っているマスク(プリーツマスク)と同じような形のマスクを布で作れます! このマスクの場合は、型紙がいりません。長さを測って作っていきますよ! 今回はプリーツマスクを大人用のサイズ(男性用)で作ってみましたので、作り方を紹介します。   ※立体マスクの作り方はこちらの記事を参考にしてください。   準備するもの ※出来上がりサイズ(横18センチ×縦10.5センチ) ダブルガーゼ(横18センチ×縦50センチ、横6.5センチ×縦13 ...

ReadMore

マスクの余った生地で作っちゃおう♪

  • この記事を書いた人

ミッキーマーチママ

子供たちのための小物や、アクセサリーなど、幅広く手作りするのが好きな2児のママ。自分の作ったものを、子供たちが身につけているのを見ると・・・幸せです♪

-マスク
-