幼稚園・保育園グッズ

給食袋・コップ袋の作り方|生地を2枚に裁断して作る方法(柄の向きを揃える)

おさるのジョージの給食袋

「給食袋をつくろう!」と思って生地を購入したけれど、生地の柄が一方方向の時、2枚に切り分けなければなりませんよね。

2枚に切り分けなくても作れるのに…。

工程が増えてしまうんですけど、「さかさまの柄には納得できない!」という場合は、こちらの手順で!

それでは、生地を2枚に裁断して作る方法を紹介します。

 

基本(1枚の布で作る)給食袋・コップ袋の作り方はこちら↓

給食袋・コップ袋の作り方|一枚の布で作る基本的な作り方

保育園に通う息子のために、「給食袋」。 歯磨きのためのコップを入れる「コップ袋」。 この2つが新たに必要になるので、息子 ...

続きを見る

 

準備するもの

※出来上がりサイズ(横20センチ×縦21センチ)

材料

  • 好きな生地:22センチ×25センチが2枚
  • ひも:55センチを2本
ミッキーマーチママ
給食袋・コップ袋には、オックス生地(厚手)や、シーチング生地ブロード生地(薄手)がオススメです!

※しっかりした、ハリのある生地がいい場合は「オックス」。薄手なんだけど、そこまで薄すぎない方がいい場合は「シーチングブロード」がオススメ。

 

ミッキーマーチママ
今回私は、オックス生地(厚手)を使っています!

少し厚手なので丈夫ですし、わんぱくな男の子が使うのですぐにボロボロになりそう…ということで、しっかりした生地にしました!

 

キャラクター生地が豊富♪(おすすめショップ)

キャラクター生地の専門店
夢木綿(ゆめゆう)

キャラクター生地 最大級の品揃え
京都カナリヤ手芸店

商品アイテム数 2万2千点以上
手芸のピロル

 

使った道具

・ミシン
・アイロン
・はさみ
・メジャー(定規)
・チャコペンシル

 

柄が一方方向の生地とは?

▲この電車の柄、一方方向ですよね。

この電車の生地を使って1枚の布で作り上げると、片面は柄が反対向きになってしまうんです!

無地や向きのない柄の場合は、反対向きにはなりません!

キャラクターの生地などは、一方方向であることが多いです…。

 

生地を2枚に裁断して作る手順

1.生地を2枚に裁断する

▲裁断するところにチャコペンシルで印をつけます。今回は、中表にして切ります。

縦(作りたいサイズ+4センチ)横(作りたいサイズ+2センチ)で裁断していきます。

▲2枚に切り分けました。このおさるのジョージの生地も、やっぱりよく見ると柄が一方方向です。

 

2.底になる部分にジグザグミシンをかける

▲2枚ともジグザグミシンをかけて、ほつれないようにします。

3.底部分を縫い代1センチで縫う

▲生地を中表にして、袋の底になる部分を、縫い代1センチで縫います。

▲縫い終わったら、縫い代を両サイドに開いて、アイロンをかけておきます。

ミッキーマーチママ
中表とは、表と表を合わせることですよ!

4.両サイドにジグザグミシンをかけ、ほつれ止めをする

※ここからは、1枚布の作り方と同じです。

▲生地を開いて裏側を上にし、両端(短辺)を1センチずつ折り込んでアイロンをかけます。

▲ミシンをジグザグ縫いにセットして、長い方の端(長辺)にジグザグミシンをかけます。

ジグザク縫いができました。これでほつれ止めになります。

5.両サイドを縫う

▲中表にして半分に折り、うえから5センチのところにチャコペンシルで、印をつけます。両側にしるしをつけておきます。

▲印をつけたところまで、縫い代1センチのところを縫います。

反対側も同じ様に縫います。

6.両サイドの上部分のほつれ止めをします

▲今縫った部分の縫い代を開いて、アイロンをかけます。

▲開いた縫い代の部分を、ほつれていかない様に縫います。

▲こんな風に端から、さっき縫いとめた部分の1センチ下の部分まで縫います。

7.ひもを通す部分を縫います

▲ひもを通す部分を2.5センチ折り曲げ、アイロンをかけておきます。

▲折り曲げた部分から2~3ミリのところをぐるっと1周縫います。

▲1周縫いました。

8.表に返して端をととのえます

▲表に返すと、角が丸くなっているので、内側から定規など角ばったもので、グイグイ生地を出します。

▲角が直角になりました!

9.ひもを通す

▲ひもは2本準備します。長さは、こんな風に生地の上において確認してから切りました。

折り返すように置いて、固結びができるくらいの幅を残して切ります。

ひもが準備できたら、1本目は、右側が輪になるように、左側からスタートして通します。

▲ひもの端に、安全ピンを通して使いました。

▲こんな風にぐるっと1周ひもを通して、安全ピンをはずし、固く結びます。

▲この作業を今度は右側からひもを通していきます。

ひもを1周通したら、また固く結びます。

10.完成!

▲給食袋の完成です。

反対側にしても、柄がさかさまになっていないですね!

ひもの結び目を隠したい人は、ループエンドを使ってもいいですね!

 

柄がさかさまにならない!

底の部分を切って縫うので、1枚布で作る方法より少し工程は増えますが、柄がさかさま!という事態にはなりません。

給食袋をつくるとき、柄の生地の場合は一度確認してから裁断してくださいね。

お気に入りの生地で、給食や歯磨きの時間が楽しくなる、そんな袋になったらいいな♪

\ この記事はどうでしたか? /

  • この記事を書いた人
ミッキーマーチママ

ミッキーマーチママ

子供たちのための小物や、アクセサリーなど、幅広く手作りするのが好きな2児のママ。自分の作ったものを、子供たちが身につけているのを見ると・・・幸せです♪

-幼稚園・保育園グッズ

© 2020 わくわく♪ハンドメイド