スタイ

【型紙不要】抱っこひも用スタイの作り方

抱っこ紐スタイ

抱っこひもを使うとき、赤ちゃんのよだれがママの服についちゃうことってありますよね。

私も、ミルクの吐き戻しがついてしまって、汚れた経験が何度かありました。

この抱っこひもにつけるスタイは、抱っこをしているときにママの胸元をカバーしてくれるものになります。

ボタンが付いた服を着る時にも、赤ちゃんの顔にボタンが当たるのを防いでくれますよ!

作り方は簡単なので、何枚かつくって洗い替えに準備しておくと良いかも♪

では、作り方を説明しますね!

準備するもの

ダブルガーゼ(25センチ×25センチを2枚、22センチ×8センチを2枚)

※ガーゼは水通ししておきましょう。

水通しの方法はこちら↓

キルト芯(25センチ×25センチを1枚)

今回使用したキルト芯の厚みは2.5~3ミリ。接着タイプではないものを使いました。

プラスナップボタン(打ち具不要タイプ)

100円ショップ(セリア)で購入しました。

使った道具

  • ミシン
  • アイロン
  • リッパーまたは目打ち
  • はさみ
  • チャコペンシル(鉛筆などでもOK)
  • コンパスまたは分度器または角が丸いもの(お皿とかね♪)

抱っこひもスタイの作り方手順

1.生地の端を丸くカットする

▲ダブルガーゼは中表に、その下にキルト芯を置きます。

▲角を丸くしたいので、分度器や、コンパス、お皿の端などを使って、カーブを描きます。下側だけでOK!

▲半分に折って、ハサミで切って。

▲カーブの出来上がり!

ちょっと厚みがあるので、丁寧にやりたい場合は、片方ずつやろう!(笑)

2.ひも部分をつくる

▲ダブルガーゼ22センチ×8センチの生地を、短い辺を半分に折ります。

▲1度開いて、真ん中のラインにあわせて、半分に折り、アイロンで押さえます。

▲端から5ミリのところを折り曲げ、アイロンで押さえます。片側だけでOK。

▲下側も半分に折ります。この時、少しだけ、中央部分(折り合わせた真ん中)に隙間があると、この後の作業がしやすいですよ!

そしてアイロンでおさえておきます。

▲さらに半分に折ります。アイロンでおさえます。

▲下の生地を上がわの折り返している部分に入れこみます。

▲アイロンでしっかり押さえて、1本のひも状にします。もうひとつ作りました!

▲開いている部分をミシンで縫い、ひもの完成!

3.生地を縫い合わせる

▲上から1.5センチの所にひもの上部分が来るように置きます。この時、紐は本体側に向けて置きます。

▲まち針で固定したら、下部分に返し口8センチほどのしるしをつけておきます。

▲産後返し口を残し、縫い代1センチで、ぐるっと縫います。

4.表に返し、返し口を縫う

▲縫ってはみ出た部分、角の三角の部分を切り取ります。

カーブの部分には切り込みを入れます。縫い目を切らないようにね!

▲返し口から表に返します。

▲表に返したら、定規などで角をしっかり出します。

▲アイロンで整えます!

▲返し口もしっかりアイロンで押さえます!

あとで手縫いするから、丁寧にやっておくといいですよ!

▲ラダーステッチ(まつり縫い)で、返し口を閉じます。

手縫いで返し口を閉じる手順はこちら↓

5.プラスナップボタンをつける

▲スナップボタンは、2セット準備します。

プラスナップボタンの詳しいつけ方はこちら↓

▲目打ち、リッパーなどで穴を開けます。

ボタンをはめ込んで「パチン」と音がするまで押さえます。

▲こちらには凹の方を両側につけました!

▲次は本体の端部分にプラスナップボタンをつけます。こちらには凸の部分をつけます。

抱っこひもスタイ完成!

▲完成しました!

▲抱っこひもにつけるとこんな感じです。

▲肩ベルト部分につけてボタンで留めます。

▲こちらはタイプの違う抱っこひもスタイですが、あかちゃんとママの間に、スタイがくるようにしますよ!

まとめ

リバーシブルにすることもできますが、紐の部分の切り替えはできないので注意してくださいね!

赤ちゃんのお顔が当たる部分は、リバーシブルで柄を変えて作っていただけます。

せっかくお出かけしたのに、ママの服が汚れてしまうことありますよね。

お子さんの着替えもあるのに、自分の着替えを持って出かけるなんて・・・。

さらに持ち物が増えちゃう!なんてことにならないように、抱っこひもスタイがあると荷物も減らせます!

また、ママもおしゃれしたいですよね♪

ボタンのある服は授乳するときにラクなのに、ボタンが赤ちゃんの顔に当たらないかも心配。

そんなママのファッションの困り感を解決!

便利なアイテムです!ぜひ作ってみてね☆

  • この記事を書いた人

ミッキーマーチママ

子供たちのための小物や、アクセサリーなど、幅広く手作りするのが好きな2児のママ。自分の作ったものを、子供たちが身につけているのを見ると・・・幸せです♪

-スタイ