子供用エプロン

【型紙自作】100均のフェルトで手作りトーマス|子供用エプロン作り方

毎年ハロウィンを楽しんでいる私。

今年はどんなコスチュームにしようかと考え、1歳半の次男が大好きな「トーマス」に決めました。

長男は同じくらいの月齢の時、上からかぶるものを好んで着てくれなかったという経験から、

「エプロンなら着てくれるんじゃないかな?」

と思い、トーマスのエプロンに決定!

今回はフェルトを使って、キャラクターになりきれるトーマスエプロンを作ってみたので、作り方を紹介します。

必要な道具・材料

  • 型紙(作り方で紹介します)
  • はさみ
  • 接着剤(今回は木工用ボンド使用)
  • フェルト(必要な色すべて。今回は、黒・青・白・グレー・赤を使いました)
  • 首用の平紐
  • ウエスト用のゴム
  • 接着タイプのフェルトシート(細かい部分に使います)
ミッキーマーチママ
百円ショップでほどんどの材料がそろいますよ♪

トーマスエプロンの作り方

1.型紙の準備

今回の「トーマスエプロン」の型紙は、自宅のプリンターで印刷しました。

「トーマス イラスト」で検索して、作りたいと思った画像を印刷します。

この時、作りたい大きさに合わせて「ポスター印刷」をしました。

息子は1歳半で身長が80センチなので、A4用紙を4枚使ってポスター印刷しました(使っているプリンターによって設定があると思いますが、拡大して印刷します)。

 

印刷したA4用紙を貼り合わせたら、型紙のできあがり!

2.土台にするフェルトの色を決め、型紙の輪郭に合わせて切る

▲トーマスの土台は「黒」にしました。

ミッキーマーチママ
細かい線などは、切って貼りつけるのが大変そうだと思ったからです。

▲黒のフェルトの上に型紙をのせ、マチ針で固定します。

作りたい輪郭の部分を切っていきます。

今回は、線路の部分はつくりませんでした。

ミッキーマーチママ
線路の部分までつくると息子には長すぎるかな? と思って線路はカット。

3.パーツを切って貼りつける

▲型紙から、色ごとに「型紙パーツ」を切り取っていきます。

その「型紙パーツ」をフェルトにまち針で固定して切り取ります。

▲切り取ったあとは、一度型紙全体を土台の黒フェルトに合わせて置き、位置を確認しながらボンドで貼り付けます。

ミッキーマーチママ
貼りつける位置がずれると、できあがったとき「なんかちょっと変?」の原因になるので、面倒でも確認が大切です!

▲途中経過です!

切っては貼り・・・を繰り返すので、型紙はバラバラになっていきます。

▲細かいパーツは百円ショップで購入した「シールフェルト」がオススメ。

裏に接着面が付いているので、普通のフェルトより切りやすいです。

デメリットは「はがれやすい」こと。

ボンドの方がはがれにくいし、強度も高いです。

▲パーツの色を確認しながら、フェルトを切っていきます。

切ったら型紙とパーツを置いて、位置を確認して貼る!どんどん繰り返します。

拡大コピーしているので、輪郭がぼやけて切りにくいです。

ミッキーマーチママ
顔のパーツは、細い線が多くて集中しました~。

キャラクターの表情が出る大事なところなので慎重に!

4.キャラクターのパーツ貼り、完成!

▲フェルトの長さが足りなくてツギハギしたところもあるけれど、なんとか完成!

ボンドが乾くまで待ちます。

5.平ひもと、ウエストのゴムを取りつける

▲首のうしろは、ひもで調節できるようにしました。

トーマスは煙突の部分が少し出ているので、あごに当たって嫌がるかもしれないと思ったからです。

首の紐も、ウエストのゴムも、子供のサイズを測ってから長さを決めました。

1歳半の息子は、首の平紐は片側「37センチ」、ウエストゴムは「34センチ」で縫い付けました。

▲煙突部分、出ています。

ミッキーマーチママ
ちょっとした不快感で、子供は着てくれないこともありますよね~。

6.エプロン完成!

 

▲息子に着せてみました。

なかなか似合ってる♪

首の周りは気にするほど嫌がりませんでした。

仮装して「ハロウィンコンサート」に出かけた時の写真です。

大好きなキャラクターエプロンにウキウキ気分!

トーマス好きな息子は、とても嬉しそうでした!

そんな顔を見ると、「作ってよかった!」と思えます。

喜んでくれてよかった! 嫌がることなく着ていてくれました。

キャラクターのエプロン部分(とくに顔の部分)を「いかに型紙通りにつくるか!」がポイントです。

ちょっと位置が違うだけで、キャラクターの顔に見えなくなったりするので……。

大好きなキャラクターに少しでも近づけて(?)大満足な母と子でした♪

  • この記事を書いた人

ミッキーマーチママ

子供たちのための小物や、アクセサリーなど、幅広く手作りするのが好きな2児のママ。自分の作ったものを、子供たちが身につけているのを見ると・・・幸せです♪

-子供用エプロン